ベビーシッターが東京で複数の子供を保育するとき

by:

家事代行生活/暮らし藤沢

保育する東京の場所や環境、その人数、年齢などに応じた適切な遊びを提供することが、東京のベビーシッターには求められます。複数の子供たちとの遊びにおける留意点としては、次のようなことが挙げられます。危険を避けるためにも、子供たち一人一人の発達年齢の違いを認識しておく。全体としてとらえるだけでなく、一人一人の子供たちの様子を、個々に把握する。

1対1の保育では得られにくい社会性や協調性、思いやりなどの心の成長も大切にする。これらのことを留意して、東京で保育にあたってください。兄弟においては、日常生活の中で上の子供が我慢する場面がみられることが、多くなっています。ベビーシッターとの関係においては、上の子供を中心とした遊びを展開するほうが、子供の心の安定を促し下の子供に対する思いやりなども、育ちやすくなります。

また下の子供が兄や姉の行動を模倣することで、刺激を受け発達が促されます。ただし発達年齢が違いますので、ベビーシッターは子供の自発性を大切にしながらも、適切なフォローを行うことが必要になってきます。年子など年齢が近い場合は、互いにライバル的存在として物の取り合いや、ベビーシッターなど大人の関心を多く集めようとする行動がみられることもありますので、より注意が必要になってきます。年齢差が大きい場合には、弟や妹のために行動などが制限され面白くないと感じられることがないように、言葉かけや対応に工夫をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です