保護者に信頼感を持たれるベビーシッターに

by:

寒川掃除生活/暮らし

大人と接する時間が長く、ほかの子供との交流が少ないというのも、ベビーシッター保育の特徴です。1歳を過ぎると子供はほかの子供に、興味を示し始めます。2歳になれば自己主張がぶつかり合う中で、少しずつ友達との関係を学び始めます。この年齢になれば時には公園などへ出かけて、ほかの子供と触れ合う機会を作ってあげることも必要になってきます。

3歳を過ぎれば大多数の子供は、保育所や幼稚園に通い友達と遊ぶ経験を通じて、社会性を培う機会を得ます。この場合ベビーシッターは、集団生活と家庭生活をつなぐ役割を果たします。このほか保護者の中には、ベビーシッターに対して使用人感覚で接する場合があります。施設保育の保育者は、先生と呼ばれるのに家庭に入って保育をするということで、使用人扱いをされることはベビーシッターにとっても勤労意欲をそがれることにつながりますし、子供にとっても良い環境を与えません。

保護者の意識を改革するとともに、シッター自身の資質をさらに高めることが必要になってきます。また家庭によっては、自宅にベビーシッターを入れることに抵抗を感じることもあります。確かに鍵を渡して子供を預けるということは、よほどシッターおよび所属会社と信頼関係がなければできないことです。部屋に鍵がかからないために、プライバシーをのぞかれる恐れを感じるケースも、あることでしょう。

保護者から安心して鍵を預けてもらうためには、プライバシーを守るということに対する絶対的な信頼感を持たれる、シッターであることが必要とされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です